診療情報
ヘリコプターが救う救急医療システム
2010年1月22日

待ちに待った防災ヘリの活動が再開されました。心筋梗塞の患者様がヘリコプターで搬送されました。太田秀彰医師がお迎えに行きました。

左前下行枝完全閉塞の危険な状態でしたが、ただちに緊急カテーテルで左前下行枝完全閉塞に対しステントを挿入、救命できました。患者様は元気にリハビリ中です。

ヘリコプターは午後2時45分に当院医師を迎えに来て、岐阜県郡上の病院に向かいました。当院カテーテル室に患者様が入室したのが3時45分。その20分後には、完全閉塞部をガイドワイヤーが通過して再開通に成功しました。急性心筋梗塞の治療は一刻を争います。緊急カテーテルで閉塞した冠動脈を再開通させてやることで明らかに救命率が上がるのです。

これまで遠隔地の患者様の移送には時間がかかり過ぎることもありましたが、これからはヘリ移送が効果を挙げてくれると思います。地方の医師不足が謳(うた)われながら、さまざまな事情から、日本中どこでも緊急カテーテルができないのが実情でした。しかし、ヘリコプターによる遠隔地からの患者転送は、一刻を争う急性疾患では素晴らしい効果を挙げることができます。

このような、しっかりした輸送手段があれば、たくさんの専門医療施設は不要となり、センター化して集中的に治療をすれば良いことになります。少ない医師の数でも集中化できれば、なんとか救急医療を支えていくことができるでしょう。

ヘリコプターによる救急搬送システムが再開されたことは、とてもありがたいことです。頑張ってくださっている救急隊員の方々に感謝します。当院としても医師がヘリに乗り込み、協力してまいりますので、今後ともよろしくお願いします。

様子