診療情報
ステント再狭窄の判定にCTはいかがですか?
2009年8月5日

ステント再狭窄とは?

図

ステントが植え込まれた直後は金属がむき出しなので、血液がステントに反応して急速に血栓閉塞する危険性があります(右図)。その予防のために、血液が凝固しにくくなるお薬を飲む必要があります。

では、ずっと飲み続けなければならないかというと、人体はうまくできていて、このステントの上を覆うように新しい内膜を作ってくれるのです。これを新生内膜の増殖と呼びます。

これは、冠動脈が拡張する際、血管に傷をつけることに対する正常な治癒反応なのです。従来のステント(ベアメタルステント、いわゆる薬物溶出ステントではない)では、ステント植え込みから2週間から1カ月で、ステントの大部分が被覆されます。
ステントがこの新生内膜で覆われる1カ月を過ぎると、もうほとんど血栓閉塞は起こらないので、強力な抗凝固薬は必要なくなります。

図

ただ、この増殖反応が強すぎて新生内膜が張りすぎると、ステントの内腔が狭くなってしまうのです。怪我をした場合に、きれいに治る傷とケロイドのように少し盛り上がって治る傷があるのと同様です。この新生内膜の張りすぎた状態を再狭窄と呼びます(図)。

なぜステント再狭窄を確認する必要があるの?

従来のベアメタルステントを入れた場合は、このステント再狭窄は6カ月頃が最も起こりやすく、その後はほとんど起きなくなります。

従って、6カ月後が大丈夫なら、ずっと経過が良いことが分かっていますので、その後はお薬を減量したりすることができます。再狭窄が起きているのに、きちんと確認せずに薬を減量したり中止したりすると、血流が悪くなり、血栓ができる可能性があるので危険です。

ステント再狭窄はCTで分かるのか?

図

この患者様は、左図の黄色線の部分にステントが入っているのですが、このままでは、ステントの中に十分な血流があるのかどうか分かりません。

図

これをさらに詳しく検討したのが右図です。血管に沿って点線のように見えるのがステントです。

ステントの内側に黒く見えるのがステントの中に新たに増殖した新生内膜です。図のE、F、Gでは、ステントの内側が黒く見えている新生内膜できれいに被覆されている様子が分かりますね。

逆にH、Iでは、ほぼ完全にステント内腔新生内膜で狭くなっている(再狭窄をきたしている)のがよく分かると思います。当院の放射線部では、ステントの種類ごとに最適化した条件で画像を作り、ステント再狭窄の診断をCTで可能にしています。