教育体制:内容・ラダー

当院は、循環器に特化した病院です。私達岐阜ハートセンター看護師は、患者様に対しやさしいまごころある看護を追求し技術を尽くすことを大切にしています。看護師としての基本はもちろんのこと、循環器看護に関して皆で学び合い極めていける環境です。入職時から個々が目指すプロフェッショナルをサポートすることを意識した教育体制としています。現在、グループ3病院(豊橋・名古屋・岐阜)で HET(Heart center Education Team)を結成し、合同の教育計画を企画し運用中です。

3病院合同の研修を取り入れ、新卒新人看護師に対する外部でのリフレッシュ研修に取り組むなど教育委員会と管理部門の連携を強化し、現在の問題に即した教育計画を実施しております。

学会参加・発表も活発に行っており、個人のスキルアップに繋がる活動を看護部全体で支援しています。

1.岐阜ハートセンターキャリア開発ラダー

プロフェッショナルを目指すレベルを「ハートレベル」と称し、日本看護協会の継続教育、 ベナーの看護理論などを基に、ハートⅠ〜Ⅴ段階に分けています。

構成図

レベル/項目 看護実践能力レベル
♥  ハート I ♥  ハート II ♥  ハート III ♥  ハート IV ♥  ハート V
入職1年目 入職2〜5年目 ♥  ハート II
達成者
管理者 エキスパート
看護実践に必要な知識・技術および社会人・専門職業人としての態度を身につけ、指導・教育を受けながらが看護できることを目指す 看護上の問題解決・意思決定ができ、社会人・専門職業人としての判断を統合し、一人前に看護実践できることを目指す 高度な看護実践に加え、組織的な役割遂行能力を身につけ、リーダーシップを発揮できることを目指す 看護管理者は、資質向上と看護の水準の維持向上のために、看護専門職として必要な管理に関する基本的知識・技術・態度の修得を目指す エキスパートは、高度な看護、教育、研究活動を実践する
看護実践能力項目 看護実践能力
  • 配属された部署の各勤務帯の看護業務の流れを理解し、基本的な看護実践(基本的な看護技術、看護課程の展開など)が、正確・安全にできる
  • 日常的に必要とされる看護実践は、ほぼ単独で実践できる
  • 看護課程に基づいた個別的ケアが実践できる
  • 自分の行った看護を振り返り、評価することができる
  • 支援を受けながら緊急時の対応ができる
  • 高度な看護実践を行い、さらにモデル的な看護実践の教示をすることができる
  • 部署内でリーダーシップを発揮できる
  • 患者様、家族のニーズを把握し、看護実践ができる
  • 緊急時、状況判断し適切な対応ができる
  • 病院理念、看護部理念に応じた看護実践を実践・指導できる
  • 論理的知識と実践的知識を統合・分析し、看護を効率的に実践することができる
  • 複雑な看護問題に対しても知識、技術を応用し看護実践ができる
  • 質の高い看護を継続的に提供する
基本的看護技術提供から特殊・専門的・高度な看護実践能力を指す
組織的役割遂行能力
  • GHCの一員として、チームで働く力(発進力・傾聴力・柔軟性・状況把握力・規律性・ストレスコントロール力)を自覚し、責任ある行動を常に考えることができる
  • 部署内、他部門と連携を図り、協調関係を築くことができる
  • GHCの一員として、チームで働く力〈発進力・傾聴力・柔軟性・状況把握力・規律性・ストレスコントロール力)を常に考え発揮できる
  • 看護の質を向上させる活動を常に考え、改善ができる
  • サポートのもと、病棟責任者の役割を果たすことができる
  • コスト意識など病院経営も常に考え、GHC看護部理念を達成するためにリーダーシップを発揮できる
  • 社会保障の改革を見据え、適切なビジョンを持ち、常に考え管理者職務を遂行できる
  • 先見性と広い視野をもち、現状を多面的に分析する能力と、組織目標の達成に向け推進する
  • 先見性と広い視野をもち、現状を多面的に分析する能力と、組織目標の達成に向け推進する
看護チームなどの最小組織から看護部、GHC、地域などの中での役割遂行能力を指す
自己教育
  • 自己学習の課題を見つけることができる
  • 院内教育プログラムや各学習会に参加し学習する
  • 基本的な看護技術の実践モデルとなり、後輩支援ができる
  • プリセプターとしての役割を果たすことができる
  • 自己の看護の在り方やキャリアアップについて考えることができる
  • 後輩及び看護学生に指導ができる
  • 自己の看護の在り方やキャリアップに向けた学びを深めることができる
  • 部署において教育的役割を果たし、GHCの看護の質を高めることができる
  • 自己の看護の在り方やキャリアアップに向けた学びを深め、取り組むことができる
  • 院内、外の看護教育の構築や、保健医療サービスの提供体制の充実に向けた取り組みができる
  • 教育者として看護部教育計画を立案し、評価できる。
技術専門職としての自己の技能を高め、さらに看護への科学的追求を行う能力を指し、「自己教育」から構成される
研究能力
  • 看護研究の必要性を理解できる
  • 看護場面から、自己の看護を振り返りケーススタディとしてまとめることができる
  • 研究意義・目標を理解し、指導のもと研究チームの一員として活動、又は発表ができる
  • 研究プロセスを理解し、リーダーシップをとることができる
  • 研究をまとめ、院外で発表することができる
  • 研究成果を看護実践に応用することができる
  • 自らの研究テーマをもち、看護研究者として自立できる
  • 研究をまとめ、院外で発表することができる
  • 自らの研究テーマをもち、看護研究者として自立できる
  • 研究をまとめ、院外で発表することができる
  • 看護研究の推進、指導を行う
技術専門職としての自己の技能を高め、さらに看護への科学的追求を行う能力を指し、「研究能力」から構成される

看護実践能力は〈看護実践能力〉〈組織的役割遂行能力〉〈自己教育・研究能力〉の3つの側面より構成されている

〜平成14年度ジェネラリストのためのクリニカルラダー:日本看護協会基盤整備研究より〜
平成27年3月

2.ワークライフバランスへの支援

岐阜ハートセンターキャリア開発ラダーでは、学会・学習会の参加、eラーニングの受講、研究への取り組みなどにより、ポイントを取得していきます。スタッフそれぞれが、個々のライフスタイルを大切にしながら働けるよう、ハートレベルの達成期間についても相談に応じ支援をしています。

写真写真
写真写真

3.ポートフォリオ(紙ばさみ・ファイル)の活用

目標に対して、個々の大事な足跡を残します。成長を振り返り、他者に評価を受ける際のツールとしても活用します。そして、更なるステップへと進んでいきます。

一人でも多くの方が、私達と一緒に働きたいと思って頂けたら幸いです。