運動教室

第19回運動教室『リハビリの専門家が伝える筋肉の話』

2016年1月20日

平成28年1月20日(水)に第19回運動教室『リハビリの専門家が伝える筋肉の話』が開催されました。

健康寿命を延ばすためには日頃の運動習慣や食生活が関連していると言われています。徐々に衰えていく筋肉を維持するためには日頃から歩くだけではなく、筋力トレーニングを行うことが筋力を維持する効果を生み出します。

今回は『筋肉』に着目し、筋力トレーニングで効果を出すためには『超回復』の期間が必要であることや、初心者でも自宅で簡単に行える自重トレーニングを紹介しました。ただ動くのではなく、効果的に、かつ継続的に行うことで健康寿命や介護予防につながります。普段あまり使わない筋肉を動かすので皆さん四苦八苦しながら楽しんで運動されていました。普段使わない筋肉に刺激を与えることは非常に大切なことです。今年こそは運動をはじめたいという方や今行っている運動にプラスしたいという方にとって参考にして頂けたら幸いです。『継続は力なり』という言葉のように、継続こそが健康への近道です。

次回の運動教室は、平成28年3月16日(水)15:00~16:00、テーマは未定です。多数の方の参加をお待ちしています。

様子
様子
運動教室の様子