講演会/イベント

第2回 心リハの臨床を語ろうの会

2016年11月18日

写真11月18日(金)に第2回心リハの臨床を語ろうの会が開催されました。

今回は症例を通して、心リハ介入の考え方や問題点を共有し、課題解決に向かうための自由討論の場という意味を込めて開催しました。岐阜県総合医療センター、岩砂病院の他の病院からも症例を提示して頂き、有意義な会であったと思います。

このような症例検討会という機会は少ないと思うので、次回も開催していく予定です。宜しくお願い致します。

①「心不全を合併した 亜急性広範囲前壁梗塞症例」

写真
岐阜ハートセンター 作井 大介医師

②「Type D パーソナリティからみた患者理解と対応 -心停止を経験したCHF患者の事例より-」

写真
地方独立行政法人 岐阜県総合医療センター 心臓リハビリテーション部 理学療法師 中島 将宏先生

③「外来における慢性心不全管理の難しさ」

写真
医療法人社団 友愛会 岩砂病院・岩砂マタニティ 心臓リハビリテーションチーム 石橋 貴久彦先生

今回の発表に対し、名古屋大学 山田 純生先生から有益なアドバイスを頂きました。

写真
名古屋大学医学部保健学科 山田 純生先生