講演会/イベント

PCI Optimization by Physiology And Imaging (POPAI2016)

2016年9月9日

平成28年9月9日(金)10日(土)岐阜駅前じゅうろくプラザにおきまして ”POPAI2016” が開催されました。

PCI Optimization by Physiology And Imaging (POPAI2016)

大会長挨拶

冠動脈疾患治療における治療戦略の決定に、CFR, FFR, iFRなどの冠内圧の計測やIVUS、OCT、OFDIなどの血管内イメージングが大きな役割を果たしていることが示されてきています。冠内圧の計測によりカテーテル検査室内において虚血の原因となりえるかどうかを正確に判定し、更にIVUSやOCTを用いて最適な血行再建をすることが、患者様の予後改善につながる最も有効な方法と思われます。

第2回目となるPOPAIでは、冠内圧計測、そして冠動脈内イメージングを正確に評価、活用するためのtipsを明確に示し、導き出された結果からどのように予後改善のためのPCIを行うのがよいか、大いなるdiscussionを行ないたいと考えています。FFRは多くのevidenceが示され、欧米のガイドラインの中でも強く推奨されています。しかし一方でその浸透率は決して高いものではありません。本コース第1日目にFFRを真に理解していただくためにAdvanced physiology courseを企画しました。冠循環とFFR、CFR、iFRの理解を深め、心筋虚血に関して今一度知識を整理していただくことを目的としたものです。非侵襲的虚血診断に関しても最新の情報を共有できるようにシンポジウムを企画しました。また初日のspecial eventとして、iFRを提唱したJustin Davis 先生がおられるImperial College of Londonからのライブデモンストレーションを予定しています。最新のPressure wire-Angiography co-registration systemを用いてのPhysiology and imaging based coronary interventionを勉強することができます。

Imagingの分野でも、BRSの登場、DCAリバイバル、DEBの小血管への適応拡大などにより、ますますIVUS,OCT,OFDIによる治療最適化の重要性が大きくなっています。

2日目は岐阜ハートセンターからのライブトランスミッションを予定していますが、ここではComplex病変に対して、Physiologyで適応を決定して、Imagingを用いて治療のoptimizationを行う過程をお見せしたいと思います。また近日使用できることになるBRSに関してimagingの役割を討論するsessionやDebate sessionなどの企画も用意しています。対象となる症例に慢性完全閉塞は含まれていません。日々の日常臨床で普通に遭遇する症例を対象にしたいと考えています。岐阜ハートセンターで行われているPhysiology oriented imaging guided PCIの一端をお見せすることにより、何らかのインパクトを感じていただければうれしく思います。

写真
開会挨拶をする松尾仁司院長(開会と同時に多くの参加者が集まりました。)

スケジュール(敬称略)

9月9日(金)
Advanced Course in Coronary Physiology(Physiology maniac Course)
10:00〜12:00
Part 1: Overview of the physiological assessment in cath lab 1
座長 田中信大 東京医科大学 八王子医療センター
横井宏佳 福岡山王病院
演者 田中信大 東京医科大学 八王子医療センター
松本英成 医誠会病院
柴田浩遵 済生会中津病院
寺井英伸 金沢循環器病院
齋藤成逹 京都大学
八木高伸 早稲田大学
12:00~13:00
Luncheon Seminar
座長 横井宏佳 福岡山王病院
演者 大久保宗則 岐阜ハートセンター
川瀬世史明 岐阜ハートセンター
13:00〜14:40
Part 2: Overview of the physiological assessment in cath lab 2
座長 七里 守 名古屋第二赤十字病院
藤田 博 京都第二赤十字病院
演者 川瀬世史明 岐阜ハートセンター
民田浩一 西宮渡辺病院
嵐 弘之 東京女子医科大学病院
藤田 博 京都第2赤十字病院
村井典史 土浦協同病院
14:50〜15:10
Coffee Break Seminar
座長 藤田 博 京都第二赤十字病院
演者 寺井英伸 金沢循環器病院
15:10〜17:30
Part3: New development of ischemia detection modalities
座長 近藤 武 岐阜ハートセンター
元山貞子 藤田保健衛生大学
演者 谷垣 徹 岐阜ハートセンター
木曽啓友 国立循環器病研究センター
藤本進一郎 順天堂大学
大竹寛雅 神戸大学
城戸輝仁 愛媛大学
北川覚也 三重大学
澤野充明 慶応大学
17:30〜17:50
Evening Seminar: Physiological Daily Practice with Evolving FFRCT
座長 天野哲也 愛知医科大学
演者 川瀬世史明 岐阜ハートセンター
18:00~19:00
Part4: 3 Case discussion with deep dive into physiology
座長 佐藤匡也 会津中央病院
野崎洋一 北光記念病院
演者 大森博之 岐阜ハートセンター
松下絢介 横浜市立大学
鴨井大典 名古屋共立病院
19:00〜20:30
Part5: Special Live Demonstration from Imperial College of London
オペレーター Justin Davies and Imperial College team.
座長 田中信大 東京医科歯科大学 八王子医療センター
松尾仁司 岐阜ハートセンター
コメンテーター 天野哲也 愛知医科大学病院
大久保宗則 岐阜ハートセンター
川瀬世史明 岐阜ハートセンター
蔵満昭一 小倉記念病院
本江純子 菊名記念病院
藤田 博 京都第二赤十字病院
山田慎一郎 北播磨医療センター
9月10日(土)
Live Demonstration Course
9:00~10:00
Live Demonstration Course 1
オペレーター 大久保宗則 岐阜ハートセンター
座長 天野哲也 愛知医科大学病院
田中信大 東京医科大学 八王子医療センター
コメンテーター 小栗光俊 春日井市民病院
蔵満昭一 小倉記念病院
香田雅彦 中濃厚生病院
齋藤成達 京都大学
高島浩明 愛知医科大学
高橋茂清 木沢記念病院

続いてLive Demonstration Courseは6コースありました。

写真
手技を説明する松尾仁司 岐阜ハートセンター院長
写真
手技中の大久保宗則部長と平田哲夫医師
写真
手技を説明される志手淳也先生(済生会中津病院副院長)と本江純子先生(菊名記念病院 循環器センター長)
Lecture Course(じゅうろくプラザ5階大会議室)
9:00~10:40
How to use imaging for optical implantation of BVS
座長 本江純子 菊名記念病院
横井宏佳 福岡山王病院
演者 村松 崇 藤田保健衛生大学
大塚文之 国立循環器病研究センター
田辺健吾 三井記念病院
中谷晋平 大阪警察病院
写真

その他6つのセッションがあり、岐阜ハートセンターの大久保宗則部長と太田秀彰医長が演者として発表いたしました。

様子
様子