講演会/イベント

第8回ハートの日 in GIFU 「家族で心臓病を考える」

2016年8月11日

平成28年8月11日(木・祝日)じゅうろくプラザで「ハートの日 in GIFU」が開催されました。

2F のメイン会場では、午前中は夏休み子供体験学習会”病院”を知れば”病気”が見えてくる!

10:00~ 「心臓ってなぁ~に」 岐阜ハートセンターの心臓血管外科 泉二佑輔医師が心臓の働きを模型を使いわかりやすく説明してくれました。

様子
様子

10:30~ 「病院で働く人たち」 岐阜ハートセンターの循環器内科 川村一太部長がご自身の話を含め、病院で働く人たちの紹介をしてくれました。

様子
様子

その中で、看護師、理学療法士の方に壇上に上がっていただき、どうしたらコメディカルになれるか話をしていただきました。

様子
様子

11:30~ 「心臓カテーテルってなぁ~に」 岐阜ハートセンター循環器内科 川瀬世史明部長がカテーテルについて詳しく説明していただきました。

様子
様子

また、循環器内科 太田秀彰医長が壇上に上がりカテーテルシュミレーターを使い模擬手術を行いました。

様子
様子

午後からは大人向きに

ハート講演会「不整脈と正しくつきあう」が開催されました。

14:00~ 参加型新企画 「どきっドキドキ❤これって不整脈?みんなで不整脈を学びましょう」

岐阜ハートセンター 土屋邦彦副院長とフリーアナウンサーの宇野悦加さんも加わって不整脈の説明をしてくれました。

様子
様子

15:00~ 特別講演「心房細動はここまで治せる」横須賀共済病院 副院長 高橋 淳先生

座長は杉下医院 院長 杉下総吉先生の紹介で、「日本で初めて心房細動のカテーテル手術を行い、現在も第一線で活躍する不整脈治療のエキスパート」。

様子
様子

心臓の動きが電気信号によって伝搬されて上手に動作しているが、これに乱れが出ると不整脈になる。異常な流れを断ち切ってやれば正常に動作するようになる。これを分かり易く説明していただきました。

様子
様子

16:00~ 座談会「不整脈と正しくつきあう」

座長に岐阜ハートセンター院長 松尾仁司先生、パネリストに横須賀共済病院 副院長 高橋 淳先生、杉下医院院長 杉下総吉先生、石黒クリニック院長 石黒源之先生、岐阜ハートセンター 土屋邦彦副院長、フリーアナウンサー 宇野悦加さんを加え6人でお話をしていただきました。

様子 様子 様子

5F サテライト会場では

11:00~ 栄養教室

11:00~ 運動教室

3:00~ 見て! 触れて! 学べる! 体験コーナー

1. 手術室体験

様子
様子

2. カテーテル体験

様子
様子

3. 検査体験

様子
様子

4. 調剤体験

様子
様子

5. リハビ介護体験

様子
様子

6. 急蘇生法講習会(岐阜市消防本部の方々の協力を頂きました)

様子
様子

本日のハートの日の陰の力になって頂いた皆さん!ご苦労様でした。

チラシ

チラシ