講演会/イベント
岐阜ハートホールコンサート「サラマンカホール・レジデント・カルテット」
2015年7月16日

2015年7月16日(木)岐阜ハートセンター ハートホールにおいて新弦楽四重奏団”サラマンカ・レジデント・カルテット”の演奏会が開催されました。

サラマンカホールが出向いて開催するコンサート。”音楽のおとどけもの”=「アウトリーチ活動」の一環として循環器疾患の専門病院<岐阜ハートセンター>で開催していただきました。

サラマンカホール・レジデント・カルテットとはサラマンカホールでオーディションを行い、激戦を勝ち抜いたバイオリン2名、ビオラ1名、チェロ1名の4人で成るプロを目指す弦楽四重奏団です。

演奏メンバー

バイオリン:小川亜希子さん、酒井愛里さん
ビオラ:新谷 歌さん
チェロ:近藤悠叶さん

演奏プログラム

モーツァルト/アイネ・クライネ・ナハトムジーク
ドヴォルザーク/ユモレスク
ハイドン/弦楽四重奏第76番「5度」
モンティ/テャルダッシュ
ハーライン/星に願いを
フレデリック・ロウ/踊り明かそう

病棟から患者さんも参画され素晴らしい生演奏を楽しませていただきました。