講演会/イベント

岐阜ハートセンターでの看護学実習ー9.10

2013年7月11日

2013年6月4日~6月28日迄の4週間、平成医療短期大学看護学部3年8名が、岐阜ハートセンターで看護学実習を行ないました。

今回より、平成医療短期大学看護学科の臨地実習が始まり、これで当院で実習をされる看護学校が2校となりました。今回の実習目的は、「周手術期及び急性期にある成人期の患者を多面的に理解し、疾病の危機的状態にある患者の状態を把握し、回復促進および社会生活への適応に向けた援助に必要な知識・技術を習得する看護実践力を養う」でした。

周手術期及び急性期の患者様の看護ということで、展開の早さによる理解の難しさ、患者様、御家族にどのように声をかけてよいのかわからないといったことなどがありました。しかし、学生の皆さんが実習前に準備された学習ノートを何度も振り返り、皆で話し合いも重ね考え理解していきました。改めて、学習の大切さを学んだ実習でした。そして、実習初めには不安でガチガチだった表情も終了時には達成感に満ちた素敵な笑顔となりました。

国家試験に全員が合格して、来春からはそれぞれの場で活躍されることを心からお祈りします。

様子様子様子様子
研修生の皆様