講演会/イベント
医療関連感染防止講習会
2010年11月13日

平成22年11月13日 岐阜ハートセンターハートホール於いて、医療関連感染防止の講習会が開催されました。講師はテルモ株式会社 学術チームの酒井麻記先生。

今回は、感染の標準予防策の中の手指衛生を中心に説明。

"手指衛生"とは、

水と普通の石けんあるいは殺菌剤を含む石けんによる手洗い(スクラブ法)及び水の使用を必要としない、アルコールを主成分とした製品(ジェル、リンス液、泡状のもの)の使用(ラビング法)で両手の掌、指の間など指全体をきれいにする。

CDC(米国疾病予防管理センター)では以下の理由でアルコール製剤を推奨している。

  • 殺菌力が強い
  • 管理が楽である
  • 手荒い時間が短縮できる
  • 皮膚にやさしい(保湿剤が含まれたアルコール製剤)
  • 手指に水分を残さない⇒手指が病原体を伝幡させにくい

講習会の様子