講演会/イベント
講演会「楽で見落としのない 経鼻内視鏡検査をめざして」
2010年6月25日

6月24日(木)、さくらクリニック院長 佐竹真一先生をお招きして、経鼻内視鏡検査のお話をしていただきました。

従来の経口内視鏡検査にくらべると、次のようなメリットがあります。

  1. 苦痛が少ない
  2. 会話ができる
  3. 嘔吐反射が起きにくい
  4. 麻酔事故のリスクが少ない
  5. 検査後、速やかに日常に戻れる

佐竹先生自らが患者になった、具体的な体験談をお話いただきました。
そのほかにも、さまざまな症例、解析手法を説明いただきました。

最近の装置は優れた分光内視鏡画像処理技術が組み込まれ、主なものにFICE(Flexible spectral Imaging Color Enhancement)やNBI(Narrow Band Imaging)があります。

これらの手法を巧く使い、観察結果から病状を明確に表示できるようにし、医師が症状の見落としを無くすようにされています。

つまり、患者様にとって苦痛が少ない経鼻内視鏡を使い、胃の中をさまざまな方法を用いて観察することにより、従来の内視鏡以上に見落としのない検査を行うことが可能になったのです。

会場の様子