講演会/イベント
循環器救急疾患勉強会開催
2010年6月22日

救急隊員や消防隊員、防災ヘリ隊員の方々を対象として「急性心筋梗塞の救急対応」をテーマに勉強会を開催しました。

多くの隊員の方にお集まりいただき、実際の治療器具を使ったカテーテル治療のデモの見学していただきました。

その後、松尾仁司循環器内科部長が「急性心筋梗塞 発症からカテーテル室まで 急性心筋梗塞の病態・治療」と題し、AMIについて病態から初期症状・重症合併症などについての講演を行いました。

続いて、稲田毅事務長が「間一髪 救急隊の好判断で救命できた症例」と題し、当院に救急搬送された方々に、救急隊と病院の連携により、どのような救命救急が行われ、どのように救命ができたか、といった数多くの事例紹介を行いました。

参加いただいた隊員の皆さまからは、たくさんの質問をいただき、意見交換もできました。
理解を深めていただくことができ、非常に有意義な勉強会でした。

ご参加いただき、ありがとうございました。
今後も意見交換会を重ねていきたいと思います。

会場の様子