講演会/イベント
もうすぐ江部康二先生の講演会です
2009年10月1日
著書

講演会は、10月10日、午後6時から岐阜駅の「じゅうろくプラザ」で開催されます。
参加は無料ですが、入場には整理券をお配りしています。
当院にお越しいただくか、お電話をいただければ、手配させていただきます。

江部先生は著書の中で
「従来の糖尿病治療では糖尿病性の合併症をわずかに30%程度予防できるだけである」
「心筋梗塞、脳梗塞などの、いわゆる大血管病は予防できない」
とおっしゃっています。

この言葉は、胸の中に鮮烈に飛び込んできました。
これまでの臨床経験からも、自分自身その通りで、よく納得できたからです。
糖質制限食を実践されて良くなった患者様が、入院してかえって糖尿病が悪化した話も、なるほどとうなずける例を経験したことがあります。

最近の経験では、アメリカで2週間毎日ステーキを食べていた時は、HbA1Cが7だったのに帰国して3カ月したら、HbA1Cが9になってしまった方がいらっしゃいました。

でも糖質制限はどうやったらよいのか?
タンパク質と脂肪ばかりだと、かえって動脈硬化に悪いのではないか?など、多くの疑問があると思います。

今講演では、たっぷりと質問時間を取らせていただきました。
せっかくの機会ですので、ぜひ江部先生にいろんな質問をしてください。