講演会/イベント
第1回ハートの日 in Gifu(7)食品でメタボ予防
2009年8月22日
開催風景

岐阜大学応用生物科学部、長岡 利教授は長年にわたり、メタボリックシンドロームとコレステロール・脂質代謝に関する研究に従事されています。研究成果が関連学会で高く評価され、多くの賞を受賞しておられます。今回の講演は、研究されている成果のエッセンスをお話いただきました。

世界で死因のトップは心臓血管疾患(心臓・脳)であり、29.3%(2002年)を占めています。その原因が高コレステロール。コレステロールが高いと血管が詰まり、脳で詰まると脳血栓、心臓で詰まると狭心症となります。

コレステロールにも動脈硬化を防ぐ善玉コレステロール(HDL)と動脈硬化を促進させる悪玉コレステロール(LDL)がありますが、1日25g(豆腐3丁相当)の大豆タンパク質を摂取すれば、内臓脂肪を減らすことができるそうです。

米国食品薬品局(FDA)は1999年に「1日25gの大豆タンパク質の摂取は、コレステロールを5~10%低下でき、虚血性心疾患の予防効果がある」ことを認めています。また、十六ささげも血清コレステロールを減少させるそうです。つまり、十六ささげでメタボ予防ができるわけです。

心臓血管疾患リスク低減表示許可が出ている食品として、食物繊維20~25g/day相当の「コレステミン」、大豆タンパク質25g/day相当の「コレステブロック」などを紹介していただきました。