講演会/イベント
今年のハートの日は(3)
2009年7月25日
長岡先生

コレステブロックって、ご存知ですか? 長岡利先生の開発された特定保険用食品です。
大豆タンパク質をさらにパワーアップしたリン脂質結合大豆ペプチドで、コレステロールを低下させる効果があるものです。わずか1日3gの摂取でコレステロール値は有意に低下し、6g摂ると、私たちが使用するコレステロール低下薬に近いコレステロール低下作用が期待できるようです。

薬には副作用がつきものですので、健康食品で低下すれば安心ですね。食べるものを考えることで自然とコレステロールをコントロールしていくことができれば素晴らしいことです。
長岡先生には今回、「食品でメタボ予防」と題してお話をしていただきます。

長岡 利(ながおかさとし)先生の経歴

  • 1986年 名古屋大学大学院農学研究科博士課程後期農芸化学専攻修了
  • 1988年 日本学術振興会特別研究員
  • 1989年 岐阜大学農学部生物資源利用学科助手
  • 1993年 同助教授
  • 1994年 文部省在外研究員としてボストン大学医学部留学
  • 2004年 岐阜大学応用生物科学部応用生物科学科助教授
  • 2007年 同教授、現在に至る
  • 2009年 10月より岐阜大学先端創薬研究センター教授(併任)

受賞歴

  • 1996年
    日本栄養食糧学会 奨励賞受賞
    「食品成分および生体異物によるコレステロール代謝制御に関する研究」
  • 2005年 
    日本農芸化学会 農芸化学研究企画賞受賞
    「ペプチドの媒介する新規脂質代謝調節系の解明を基盤にした
    革新的脂質代謝改善食品素材を含む革新技術の創成」
  • 2005年
    文部科学大臣表彰 科学技術賞受賞
    「新しいコレステロール低減化ペプチドに関する研究」