心臓リハビリテーション
menu

入院心臓リハビリの流れ

当院は心臓リハビリ対象疾患の患者様に対して、早期に社会復帰、日常生活動作の獲得を目標に早期から心臓リハビリ介入を行っております。

心筋梗塞後や心臓手術後などの病状が安定していない患者様に対しては、心臓に急激な負担がかからないように心電図や血圧などのメディカルチェックを実施しながら立位や歩行訓練から開始していきます。病状が安定すれば、心臓リハビリテーション室で有酸素運動やレジスタンストレーニングなどの運動療法を実施していきます。また、退院後の運動量の範囲や安全に日常生活を実施できるかなどの判定のために心肺運動負荷試験を入院中に実施し、日常生活指導を行っております。

心臓病は疾病管理や再発予防に向けて自己管理が非常に重要になってきます。その中でいかに病気と上手につきあっていく方法などもお話をさせていただきます。また、栄養士とも連携し退院後の食事指導についても詳しく説明させていただきます。

写真
写真
写真

心臓手術後の患者様の手術前から退院までの一連の流れ

心臓血管手術後
心臓リハビリテーションプログラム

リハビリテーション内容

①ストレッチ体操  ②筋力強化運動  ③有酸素運動

①、②では身体の数種類の筋肉を対象に行います。③歩行または自転車エルゴメーターなどを用いて運度を行います。これらの運動は通常の日常生活に必要な身体機能を再獲得するためであり、心電図や血圧などの管理を十分に行い、心臓にとって安全な範囲を保って進めます。

写真
写真
写真

手術前から退院までのリハビリテーションプログラム

手術前
咳嗽の方法や起き上がりの方法,呼吸方法など手術後に必要な管理指導を行います。
手術日
主治医からの説明をご参照ください。
1日目
集中治療室にて立位訓練,その場足踏み,可能であれば歩行器歩行を行います。
2日目
集中治療室または病棟にて歩行器歩行または自立歩行を行います。
3日目
患者様の状態に合わせて歩行距離を設定して歩行訓練を行います。
4日目
6分間歩行テスト(自己のペースで6分間に歩くことができる最大距離を測定する検査)を行います。
5日目
経過が順調であれば心臓リハビリテーション室で自転車エルゴメーターを 使用した有酸素運動や低負荷の筋力トレーニングを行います。
6日目
以降
患者様の状態に合わせて適切な運動強度でリハビリテーションを実施します。
退院前
可能な場合は退院前に運動負荷試験を実施し、退院時の運動耐容能を測定・運動処方を行います。退院後の日常生活指導を行います。

心臓リハビリテーションに関するお問い合わせ

TEL 058-277-2277 まで、お気軽にお問い合わせ下さい。