栄養教室
「糖尿病の食事療法~ゆるやかな糖質制限食~」
2017年5月11日
会場の様子

今回の栄養教室では糖尿病の食事療法~ゆるやかな糖質制限食~というタイトルでお話をさせていただきました。

最近では、テレビや雑誌でも「糖質制限食」という言葉をよく聞くようになってきましたね。糖質を多く含む食品を極力控えることで、糖尿病を改善したり、体重を減らすことができたりするという内容は聞いたことがあるかもしれません。

糖質は、ごはんやパン、麺類などの主食に多く含まれています。その他には果物類、芋類、甘いお菓子やスナック菓子、甘いジュースに多く含まれています。ただ、単純に糖質を控えすぎると体重が急激に減少したり、低血糖を起こしたりと悪い面もあります。また、糖質を控えて一時的に体重が落ちたとしても、糖質制限をやめたとたんに急に体重が増えてしまうことがあります。そういった、体重の大きな変動や低血糖は体や血管にとって、とても大きな負担となります。

そこで、お勧めなのが「ゆるやかな糖質制限食」です。糖尿病の診断の指標のひとつにHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)というものがあります。HbA1cは血液中のヘモグロビンとブドウ糖が結合したもので、過去1~2ヶ月の血糖を表します。そのHbA1cの数値によって主食の食べる量を決めます。

  1. HbA1c7.4%以下   週4回、夕食の主食をなしにする。
  2. HbA1c7.5~8.9%  毎日、夕食の主食をなしにする。
  3. HbA1c9.0~11.9%  朝食と夕食の主食をなしにする。
  4. HbA1c12%以上   3食とも主食をなしにする。

糖尿病ではない方で、体重の減量を目的とした糖質制限でも、夕食のみ主食をなしにすることから始めましょう。

主食をなしにするときは、肉や魚、卵、大豆製品、野菜などのおかずはしっかりと食べるようにしましょう。

炒め物や素揚げなど油を使ってもOKです。

ごはんやパンなどの主食を控えることも糖質制限になりますが、まずは間食や飲み物を見直してみましょう。お菓子やジュースをやめるだけでも、かなり糖質を制限することができますよ!

今日の試食です♪

料理
鶏肉のカレーチーズ焼き
料理
キャベツと油揚げの炒り煮