栄養教室
「体重コントロール」
2015年9月2日
会場の様子

秋の長雨でしょうか。すっきりしないお天気が続きますが、栄養教室当日はとても良いお天気となりました。

さて、秋といえば、ぶどうや梨、柿、さつま芋、栗など、美味しい物が旬を迎える季節ですが、体重の増加が気になりませんか?今回の栄養教室のテーマは「体重コントロール」です。

肥満は生活習慣病である糖尿病や高血圧、心臓病などの病気になる危険性を高めるといわれています。やせすぎはよくありませんが太りすぎもよくありません。

BMIをご存知ですか?
BMI=体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m)で18.5~25までが標準体重です。70歳以上の方は21.5~25までが標準となります。一度計算してみましょう。
標準体重より多かった方は少し減量が必要です。普段の生活習慣はいかがですか?どんなものをよく食べますか?麺類やごはん、パン(菓子パン)など炭水化物を多く含む食品ばかりを摂っていると太りやすくなります。今まで、ラーメン+チャーハンなど炭水化物を多く摂っていた方はラーメンだけにすると良いです。間食に菓子パンや和菓子、洋菓子などをよく食べる方は量や回数を減らしましょう。

それと、体重を減らすために重要なのは、タンパク質やビタミン、ミネラルをきちんと摂ることが大切です。肉や魚、卵、大豆製品を食事の中に摂り入れましょう。野菜やきのこ類、海藻類なども意識して食べるようにしましょう。野菜やきのこ、海藻類には食物繊維が多く含まれています。食物繊維は血糖の上昇を緩やかにし、肥満を防ぎます。食事の最初に野菜を食べるようにしましょう。

食事の他にも、運動不足、睡眠不足、ストレスなどが肥満に影響します。生活習慣全体を一度見直してみましょう。

今回の試食

料理

ささみとチンゲンサイの
おろしポン酢

料理

牛肉とつきこんにゃくの煮物

料理

鮭のムニエルきのこソース