栄養教室
「糖質制限食~基礎編~」
2014年3月5日
会場の様子

平成26年3月5日、岐阜ハートセンターハートホールで定期栄養教室を開催いたしました。

少しずつ暖かいと感じる日が出てきましたが、まだまだ寒い日も多いです。油断せず、暖かくして体調管理をしっかりとしていきましょう。

今回は糖質制限食~基礎編~のお話をさせていただきました。

糖質制限食という言葉は最近、テレビなどでもよく聞くようになってきました。糖尿病や肥満の方におすすめの食事療法で、糖質(炭水化物)の多い食品を極力控えることで食後の高血糖を防ぐ食事療法です。
糖質(炭水化物)の多い食品は主に、ごはん、パン、麺など主食と言われる物や芋類、果物、甘いお菓子、ジュースなどに多く含まれます。

まず、控えていただきたいのがお菓子や甘いジュースなどです。ときどき少量食べる程度は大丈夫ですが、毎日食べる習慣があったり、一度に食べる量が多いと常に血糖が高くなってしまったり、急激に血糖が上がってしまいすので要注意です。心当たりのある方は、生活習慣を見直してみましょう。おなかがすいているときにお買いものに行くとどうしてもそういった甘いものに目がいってしまうので、食後に散歩がてらお買いものに行くのがおすすめです。

次に控えたいのが、ごはんや麺類、パンなどの小麦粉製品です。これらは主食と言われるもので、食べないようにするというのはなかなか難しいと思いますが、夕食はおかずだけにするとか、ラーメンややきそばと一緒にごはんを食べないようにするなどできることから控えるように意識していただくと良いと思います。もともと腎臓の悪い方は、悪化してしまう恐れがあるので、主治医と相談してから始めるようにしてください。インスリン注射を打っていたり、血糖降下薬を飲まれている方は低血糖の恐れがあるので、薬の調整が必要です。

試食

料理

高野豆腐の卵とじ

料理

生ハムとたけのこの
イタリアンサラダ

料理

鶏肉のねぎ塩レモンソース