栄養教室
栄養教室「糖質制限食」開催
2011年6月8日

6月8日、栄養教室を開催いたしました。梅雨の季節ですが、お天気も良く、とてもたくさんの方が参加してくださいました。

今回は糖質制限食のお話と糖質制限中でも食べらる麺類やパン、おやつなどの紹介をさせていただきました。

岐阜ハートセンターでは、血糖値を上昇させるのは3大栄養素のうち糖質だけという事実をもとに、糖尿病の患者様に対してできる限り、糖質を多く含む食品は控えるという食事療法をお勧めしております。糖質を多く含む食品とは、ごはん、パン、麺類などいわゆる主食と言われるもの、果物や芋類、甘いお菓子やジュースなどにも多く含まれています。ただ、糖質を控えることで、血糖のコントロールがうまくいくということが頭ではわかっていても、パンやアイスクリームなどは食べたい!と思う人も多く、我慢しなくてはいけない部分もあります。そこで、今回は、砂糖を使わず、血糖値の上がりにくい甘味料を使ったアイスクリームや、小麦ふすまや小麦グルテン、大豆粉などを使ったパン、豆腐でできたそうめんなどを紹介させていただきました。

参加してくださった方の中から、実際にパンを1つ食べていただいて、血糖を計らせてもらいました。1人の方はあげあんぱんを召し上がったのですが、食前90から食後1時間後には82と少し下がっていました。もう一人の方はベーグルを召し上がったのですが、食前76から食後1時間後には97でした。糖尿病の方でも、安心して食べられるということが証明できました。カロリーはどちらも200kcal以上ありましたが血糖値はほとんどあがりませんでした。

血糖値が上がりにくい食品も上手に利用しながら、おいしく楽しく糖質制限食を続けられるといいですね。

開催風景

試食

料理

料理

料理