栄養教室
栄養教室「体重コントロール」開催
2010年11月5日
開催風景

「今回の栄養教室は、体重コントロールのお話をさせていただきました。大変多くの方が参加してくださって、体重のことはみなさん気にしてみえるということがうかがえました。

みなさんはご自分の適性体重をご存じですか?肥満になりますと、糖尿病や高血圧、脂質異常症、痛風、心筋梗塞など、いわゆる生活習慣病と言われる病気になる危険性が高くなることがわかっています。特に注意しなくてはいけないのが、内臓脂肪型肥満です。
体重が標準でも、おなかがぽっこりと出ている方は内臓脂肪型肥満の危険性があります。今の生活習慣を一度見直してみましょう。

全体的な総摂取カロリーを減らしてしまうのではなく、必要な栄養素とそうでない栄養素を見直すことが大切です。無駄にエネルギーを摂りすぎていませんか?
砂糖をたくさん使ったお菓子類や、ジュース、菓子パン、インスタント食品、お酒など振り返ってみると心当たりがあるのではないでしょうか?

ごはんや麺類など主食と言われるものの摂りすぎも太る原因です。逆に、食物繊維を多く含む野菜やきのこ類、海藻類などはちゃんと摂れていますか?タンパク質を多く含む魚や肉、卵、豆腐などは積極的に摂るようにしましょうね。

減量は強い意志を持つことが重要です。やせたいと思う気持ちが食べたいと思う気持ちよりも大きくなればダイエットは成功です。

今回は長く続けられるような簡単な改善ポイントをお話させていただきました。毎日、自分の体重をチェックして、食べる量を減らすか、動く量を増やすかして、体重が増えすぎないように注意しましょう。」

試食

料理

料理

料理