栄養教室
栄養教室「高血圧症の食事療法」開催
2010年2月5日
開催風景

回を重ねるたびに参加者が増え、嬉しい限りです。
今回も大変多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。

高血圧の9割以上が本態性高血圧といわれています。これは原因がはっきりしない高血圧で、遺伝的要因と生活習慣などの環境要因が重なることで起こるといわれています。

高血圧の予防には、バランスの良い食事や運動、充分な睡眠、ストレスの解消、禁煙、節酒が大切です。特に食事面では、減塩を心がけることが重要です。

今回はこれらを中心にお話しました。
塩分を抑えても美味しくいただけるメニューを試食しましたが、好評でした。

図1

レシピ

試食は、塩分を抑えても美味しく頂ける食事を提供させていただきました。

ブリ大根、菜の花の胡麻和え、水菜のサラダ、豚汁、みかん、こんにゃくご飯

ブリ大根、菜の花の胡麻和え、水菜のサラダ、豚汁、みかん、こんにゃくご飯