栄養教室
栄養教室「脂質異常症(高脂血症)の食事療法」開催
2010年1月15日
開催風景

脂質異常症は自覚症状がないため、そのまま放置しておくと動脈硬化を招く恐れがあります。
さらに放置しておくと、狭心症や心筋梗塞といった心臓病や、脳出血、脳梗塞といった脳血管障害につながる恐れもあります。

脂質異常症の目安は、血液中の悪玉LDLコレステロールが140mg・/dL以上、善玉HDLコレステロールが40mg/dL以下になったときです。

では、食事の際には、どのような点に注意したらよいのでしょう。
ポイントをまとめると

  • LDLコレステロールを下げるには
    • 脂質の多い肉類を減らし、青魚や大豆製品を増やす
    • 緑黄色野菜、海藻類を増やす
    • 甘〜い洋菓子、乳製品を減らす
  • HDLコレステロールを上げるには
    • 脂質の少ない肉や卵を、週3回ほど食べる
    • なるべくオイレン酸の多い油(オリーブ油、なたね油=キャノーラ油、アボガド油)を
    • リノール酸の多い油(紅花油、コーン油、ひまわり油、グレープシード油、大豆油、綿実油)を摂り過ぎないようにする摂るように心がける
    • 肥満の解消につながるので、中性脂肪を下げる
    • 有酸素運動を行う。目標は1日1万歩。毎日30分くらいは歩くようにする

以上を考慮して作られたメニューは
こんにゃくご飯
豚汁ブリ大根
菜の花の胡麻和え
水菜のサラダ
みかん――などです。

今回もたくさんの方にご参加いただきました。皆さま、ありがとうございました。

 

図1

図2

LDL コレステロールを下げるには

  • 脂の多い肉類を減らし、青魚や大豆製品を増やす
  • あまーい洋菓子、乳製品を減らす
  • 緑黄色野菜、海藻類を増やす

HDL コレステロールを上げるには

  • 脂の少ない肉や卵を周3回ずつくらい食べる。
  • リノール酸の多い油(紅花油、コーン油、ひまわり油、グレープシード油、大豆油、綿実油)を摂り過ぎない。
  • オイレン酸の多い油(オリーブ油、なたね油(キャノーラ油)、アボガド油)を摂る。
  • 中性脂肪を下げる。(肥満を解消する)
  • 有酸素運動を行う。目標:1万歩/日。毎日30分くらいは歩く。

図3

図4

レシピ

今回の試食は、これらを考慮し、更に、おいしくをテーマに作りました。

ブリ大根、菜の花の胡麻和え、水菜のサラダ、豚汁、みかん、こんにゃくご飯

ブリ大根、菜の花の胡麻和え、水菜のサラダ、豚汁、みかん、こんにゃくご飯